about-8.png
about_illust1-8.png
pattern2-8.png
pattern1-8.png

一人より家族で、家族より皆で 〜

助け合える仲間がいる総合的なコミュニティ。

静岡県つぼみの会は、1990年11月に「小児糖尿病患者家族の会」として発足しました。

会の大きな特徴は、患者さん自身やその家族が運営する家族のための会です。

1型糖尿病について、真剣に考え、一緒に活動してくれる仲間が集まっています。

そして、この会の趣旨に協力して下さる

静岡県内外の医師・看護師・栄養士・薬剤師などの医療従事者。

ボランティアや企業の方など、多くの方々の協力を得て活動しています。

病院の違いやその他諸々の垣根を超え、多くの専門家が一堂に会する機会にも恵まれています。

家族はもちろん、児童生徒に1型患児のいる先生、友人に1型糖尿病がいる方などなど、 

静岡県つぼみの会では1型糖尿病に関わる全ての方を受け入れています。

1型糖尿病についての理解が進んだ時、

皆で心から笑いあえる生活を送る事が出来ると信じ活動しています。

活動内容 〜

私たちにできること

サマーキャンプなどのイベントを通し、会員同士の交流を図ります。

1型糖尿病のこと、学校のこと、仕事のことなど、ちょっとした悩みもみんなで共有し、1型糖尿病と向き合える為のお手伝いをいたします。

1型糖尿病に関する勉強会などの情報発信をしていきます。

 

困った時は、静岡県つぼみの会を頼ってみてください。

もちろん静岡県外の方でも大丈夫です。

pattern3-8.png
pattern4-8.png
pattern2-8.png
chairman_avatar-8.png

静岡県つぼみの会 会長

鈴木 克己

1型糖尿病の患児さんやその家族のみなさんが、この病気についての付き合い方を体験できる場所、それが、静岡県つぼみの会です。 実際に患児さんとその家族が体験した、成功した話や失敗した話笑える話や泣ける話が沢山あります。病気についての情報交換や、他の患者会との交流や講演会などの情報発信も行っています。
時には、困っていただれかと助けたいと思うだれかを結ぶメッセンジャーの役割も・・・
患者会は患者会にしか出来ない事があります。 これからも、みなさんの笑顔が沢山生まれるように頑張ってまいりますのでどうぞ宜しくお願い致します。

og_avatar-8.png

静岡県つぼみの会 OG

S.Tさん

つぼみの会発足時、糖尿病は私たちにとって未知の病気でした。インターネットもなく、情報は無いに等しい。ある日突然、注射と厳しい食事管理と合併症の危険に向き合う生活がスタートしました。 1型糖尿病は、発症年齢の低い事が多く、必然的に親・家族の負担が大きくなります。
泣いて嫌がるわが子に、注射を打たなければいけない経験をして、心を痛めていませんか?自分自身を責めないで下さい。誰も悪くないのです。
病気である事が可哀想で、ついつい甘やかしてはいませんか?「私は、私がどんなに泣いて嫌がっても甘やかさない決断をし、説得し、色んな思いに耐えてくれた両親に感謝しています。」 どうか、感謝される親になって下さい。
どうしても患児に手がかかる事が多くなります。その時兄弟・姉妹は寂しい思いをしていませんか?子供たちの顔を見て下さい。家族全員で、心から笑いましょう!
家族全員で笑いあえる生活をするために、静岡県つぼみの会を活用して下さい。 一人より家族で、家族より皆で。それが、静岡県つぼみの会の存在理由です。

​お問い合わせやご相談などお気軽にどうぞ。

 

下記フォームにご入力いただき送信をしてください。

ご返信までに3〜4日程いただいております。
あらかじめご了承ください。

送信ありがとうございました